気になる存在!日本気象予報士会!

一般社団法人 日本気象予報士会は、気象予報士資格取得者のみで構成されている任意団体です。

気象予報士試験に合格された方、気象予報士資格取得に向けて頑張っている方にとって、一般社団法人 日本気象予報士会は気になる存在でしょう!

そんな日本気象予報士会の概要を分かり易くご紹介!
皆さんのギモンにお答えします!!

一般社団法人 日本気象予報士会ってどんな組織?

全国に約3,300人の会員がいる任意団体です

幅広い年齢層・職業で構成された全国組織

日本気象予報士会の設立は1996年で、その後、2009年には「一般社団法人 日本気象予報士会(以下「日本気象予報士会」)」として法人化し、活動基盤をより強固なものにしました。
今日では全国に支部組織を置き、本会の大きな特徴である幅広い年齢層・職業の会員が、それぞれの特徴を活かした活動を行っています。
本会は、会員相互の交流を図るとともに、技能講習会などで自主的に気象予報士としての技能の研鑽・向上を図り、それを生かした社会貢献などを通じて気象予報士の社会的地位を向上させることを大きな目的として活動しています。
 

事業内容

  • 気象予報士としての技能の研鑽・向上
  • 民間気象ニーズに応じるための気象予報技術の 研究開発
  • 気象予報士の地位向上および気象予報士制度の 改善に資する活動
  • 気象・防災行政に対する支援
  • 民間気象事業に対する支援および気象関連 機関等との連携による気象事業の振興
  • 防災・地球環境を含む気象知識の教育・普及、 その他社会貢献活動
  • 気象を通じての国際的活動
  • 会員間の交流の活性化および会員に対する 各種情報の提供など、会員活動の支援
  • 会の活動基盤の拡充

沿革

  • 1996年…「気象予報士会」を設立
  • 1997年…会報「てんきすと」創刊号発行
  • 2003年…気象科学館における広報への協力開始
  • 2004年…本会の名称を「日本気象予報士会」へ変更・スペシャルセッション運営開始
  • 2005年…表彰制度開始・気象データ提供開始・気象技能講習会開始
  • 2006年…気象サイエンスカフェ共催開始
  • 2008年…気象ハンドブック発行
  • 2009年…「一般社団法人日本気象予報士会」を設立・研究成果発表会開始
  • 2011年…各地お天気フェアへの協力開始・防災出前講座開始
  • 2013年…気象業務の健全な発展に寄与したという評価で気象庁長官から感謝状を授与される
  • 2016年…本会設立20周年・気象予報士CPD制度開始
  • 会報てんきすと100号発行
  • 2019年…防災知識の普及啓発の取り組みや気象業務の発展に寄与したという評価で国土交通大臣表彰を受賞する

日本気象予報士会への入会資格はただ一つ
気象予報士試験に合格
これだけです。

日本気象予報士会にはどんな会員がいるの?

メディアでおなじみのお天気キャスターや様々な角度で自然界を観察・分析する会員が多数在籍しています。

全国の支部や有志活動団体をはじめ、各種メーリングリストなどで会員間の情報交換・交流をしています。


 

●● ●●

小見出しを入力します。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、
 


 

●● ●●

小見出しを入力します。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、
 


 

●● ●●

小見出しを入力します。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、
 


 

岩槻 秀明

科学ライター

宮城県気仙沼市出身。人間総合科学大学人間科学部卒業。
気象予報士。
千葉県立関宿城博物館展示協力員。
自然科学系ライターとして、身近な自然に関する執筆活動を行っている。
愛称・わぴちゃん。所属事務所は、株式会社エイピーエンタテインメント。
 


 

●● ●●

小見出しを入力します。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、
 


 

●● ●●

小見出しを入力します。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、
 

日本気象予報士会では春と秋に案内会を開催しています。
まずはお気軽に案内会に参加しませんか?

気象予報士として活躍できるかな?

気象科学館案内人で活躍!

気象庁が運営する気象科学館は、気象や地震の観測機器や日本の自然を体感できるシアター、 防災知識について学べる装置などを揃えている施設です。
日本気象予報士会会員が解説員として常駐し来館者対応をしています。
 

気象科学館案内動画

「スキルアップ研修で」専門講師からのレクチャーでお客様対応のプロに!!

案内員として「スキルアップ研修」に参加した会員からのメッセージ

受講して感じたことは、長く生きてくると、知らぬ間に態度がデカくなったり頑固になったり。他人に無関心になり、相手の立場で物事を考える力が抜け落ちてしまうのかも……解説員としてだけでなく、立ち止まって自らを振り返るきっかけとなった気がします。

私たちは「知識と情報」には皆、長けています。でも「マナースキル」、そしていちばん大事な「心」を置き去りにしてはいないか……自分の胸に手を当てて、よく考えてみよう!と思いました。

気象科学館のコンテンツは、どれも楽しみながら、気象や地象の防災知識&意識が身に付く優れもの!来訪者は、園児や生徒だけでなく、小さなお子さんやファミリー、ビジネスの帰りに訪れる方々、もちろんフラリと寄ってくださる方々も大勢います。
お天気や防災は、年齢性別、地域や人種、職業や地位などに関係なく、地球に生きる者すべてにとって平等で重要なことです。来訪者が楽しみつつ、もっと気象に関心をもってもらえたらいいなあと思っています。
 


BP(防災プロジェクト)で活躍!

BPは、局地的な大雨等による被害の軽減の取り組みとして、当会が気象庁と業務委託契約を結び、連携して全国各地で行われています。
2010年にはじめて開催されて以来、毎年50回前後が実施されています。

BPは各支部で特色ある名称のプロジェクトをたて、各地の気象台と共に連携して実施しています。
出前講座の資料は気象台の協力のもと作成し、気象庁の最新技術や取り組みの情報をいただいたり、事前にデモンストレーションで確認いただいたりしています。
 

「Qプロジェクト(福岡管区-西部支部)」で安全知識の普及啓発の推進及び普及啓発の担い手に!!

「福岡管区気象台台長賞」を受賞した会員からのメッセージ

現在の活動は「気象防災の普及啓発」と「気象予報士の活躍の場の拡充」を軸としています。
少し前のデータですが、気象業界で働いている人は気象予報士全体の20%しかいません。気象予報士がもっと様々な場所で活躍するためには、予報業務やキャスターだけでなく一般の方の目に届く場所で、手の届く存在になることが必要と思います。

私たち(現気象予報士)には次の世代にバトンを渡す役割があります。それは未来の可能性を秘めた前向きなバトンでありたいと考えます。
これから様々なフィールドで気象予報士が活躍するために私も地道に一歩ずつ活動していきます。
 


お天気フェアで活躍!

日本気象予報士会は気象庁及び全国各地の気象台と連携して防災出前講座やお天気フェアなどを実施し、子どもからお年寄りまで幅広い方々に気象や防災に関する知識の教育・普及活動を行っています。
お天気フェアは各地の気象台などで開催され、多くの会員が説明員として参加しています。

※お天気フェアへの協力に対しては、(一財)日本気象協会より、公的目的支出による補助をいただいております。
 

入会するとどんなメリットがあるかな?

日本気象予報士会への入会は、入会金ゼロ、年会費5,000円で天気図画像サービス、会報誌「てんきすと」など様々なサービスを受けられます。

SUGDaSS(スグダス)

気象庁天気図画像ファイル提供サービス

気象庁天気図全85種類(200ファイル/1日)を提供しています。
2005年10月30日からのデータを保存しています。

 
無料サービス


SUGDaSS2(スグダス2)

株式会社ウェザーニューズが提供する
「My Weather Solution」サービス

気象衛星画像(ひまわり可視、赤外1、赤外2、水蒸気、近赤外)、 実況(10分アメダス、毎時アメダス)、GPV、エマグラム、各種データの重ね合わせ左右並べての表示などを提供しています。

 
無料サービス


会報誌「てんきすと」

情報満載の会報紙

「てんきすと」は、会員相互の情報の共有を目的に発行している会報紙で、年6回、会員全員にお届けしています。
理事会・幹事会、支部・有志活動団体および公益社団法人日本気象学会からのお知らせのほか、本会で表彰された会員の論文や第一線で活躍する研究者の講演内容なども掲載しており、充実した紙面となっています。

 
試し読み

入会するとこんなにお得!

━━━某社 

  • 某社:年間3,960円(330円/月)…気象情報のみ

 

━━━日本気象予報士会

  • 日本気象予報士会:年会費5,000円
    ●SUGDaSS(スグダス)の提供
    ●SUGDaSS2(スグダス2)の提供
    ●会報誌「てんきすと」が届く
    ●会員として活躍できる!
    ●全国の支部や有志活動団体や各種メーリングリストに加入して、会員間で情報交換や交流ができる!
    ●求人紹介 etc.
    と超お得!

スキルアップできるかな?

気象予報士を取得して、ようやくスタートライン。
日本気象予報士会では資格取得後の気象技能の研鑽・向上や 最新気象技術の理解のため、気象技能講習会研究成果発表会などを定期的開催しています。

気象技能講習会

気象知識・技術を学び、その応用能力の向上を目指すことができる場として「気象技能講習会」を全国各地で開催しています。

 


気象予報士CPD制度

Continuing Professional Development

CPDというと耳慣れない言葉かもしれませんが、難しい制度ではありません。気象予報士としての活動記録をCPDポイントで可視化する制度です。
気象技能講習会や支部例会等へ参加すると、CPDポイントが貯まります。気象関連の幅広い分野の活動に対してポイント加算いたします。
継続的に研鑽を積み、活発な活動をしている気象予報士を評価する制度です。一定のポイントを継続的に積み上げた気象予報士は本会がCPD認定いたします。

CPD認定された気象予報士は、知識のアップデートを継続し、気象分野で活躍している気象予報士の証しとなります。日本気象予報士会に参加するとポイント加算の機会が増加します。日本気象予報士会の仲間と気象技能の向上を続けませんか?
 


研究成果発表会

会員による研究成果の発表会を毎年開催!

研究成果発表会は気象の第一人者をコメンテーターに迎え年度末に行われます。
発表内容は例年多岐に渡り、質疑応答も大変活発で活気のある発表会となっています。
会場は東京(気象庁講堂)と関西地区で交互に開催していましたが、2021年はオンラインで開催をし距離の制約が無くなったので全国から聴講者が参加しました。
 

関係機関と連携して何かやっているのかな?

日本気象予報士会では、気象事業の振興や気象予報士の地位向上のために、気象関連機関との連携を行っています。
その代表的なものを紹介します。

気象サイエンスカフェ

気象サイエンスカフェは、日本気象学会と日本気象予報士会が共催する「気象の専門家や有識者」と「その話を聞いたり話してみたい方」との科学コミュニケーションの場です。2006年春に東京でスタートし、気象学会・予報士会の各支部を中心に全国各地で開催されています。

気象サイエンスカフェは、様々な気象の専門家をゲストに招き、コーヒーなどを片手にみなさんと和気あいあい語り合う場です。導入はゲストからの美味しいおつまみトークを少々。その後、参加者のみなさんと意見と交わしたり討論したりという形で進行していきます。

参加者の顔ぶれも、科学好きの小学生から気象の各専門家まで多岐にわたっています。気象業界に興味のある学生さん、友達に誘われてという人、ゲストスピーカーのファン、様々なジャンルのサイエンスカフェをライフワークのように訪ね歩いている人、気象をもっと学びたい気象予報士さん……。様々な動機の人がいるのも、どんな分野にも影響を及ぼす気象ならではの奥深さです。
 


夏季大学後援

夏季大学とは、日本気象学会が開催する講義で、日本気象予報士会が後援をしています。

最新の気象学の知識の普及を目的として、学生・大学院生、小・中・高等学校の教諭、気象予報士及び気象に興味を持っている一般の方々を対象に、毎年夏休みの時期にやや専門性の高い講座である「夏季大学」を開講しています。夏季大学は著名な講師の方々による講義が中心です。大学の期末試験のようなテストを行うことはありませんが、年によってはクイズ形式の問いかけを行うことがあります。
(日本気象学会webより引用)

2020年、2021年はコロナウイルス感染拡大防止のためオンラインで行っています。

 


スペシャルセッション、公開気象講演会、ジュニアセッション後援

日本気象学会の春季・秋季大会で行われる上記の後援をしています。

●スペシャル・セッション
日本気象予報士会が世話人となり、気象予報士を中心とした発表が行われます。
防災の研究成果、防災啓発や防災教育など気象予報士の役割等について、活発な質疑応答が行われます。

●ジュニアセッション
気象学に興味を持つ主に高校生・高専生(中学生も可)を対象に、ジュニアセッションを開催します。本企画は、生徒たちが自ら行った気象や大気に関する調査・研究の成果を、専門家の前で発表体験し、意見交換することによって調査・研究を深めてもらうことを主な目的としています。(日本気象学会webより引用)

●公開気象講演会
一般市民の方々に気象に関する最近の研究成果を分かりやすく解説することを目的として、気象学会春季大会開催にあわせて
公開講演会を開催しています。(日本気象学会webより引用)

 


気象ビジネス推進コンソーシアム

気象データを用いて新たな分野の事業開拓!
日本気象予報士会は企業・団体会員として参加

気象データを活用した新たなビジネスの創出に向け、気象事業者に加えて情報通信、農業、小売、保険など関係する産業界や先端技術に知見のある学識経験者、関係府省庁・地方公共団体を構成員とした産学官の連携組織です。

2017年3月7日に設立し、産業界と気象サービスがマッチングできる場、気象データ利用のためのスキルアップができる場、そして気象データを用いた産業の未来を展望できる場を提供し、産業界における気象データの利活用を一層推進するとともに、IoT・AI技術を駆使し、気象データを高度利用した産業活動を創出・活性化するべく活動しています。

(気象ビジネス推進コンソーシアムwebより引用)

 

気象予報士同士の交流はどうなっているのかな?

全国に広がる支部や有志活動団体の例会に参加したり、各種メーリングリストに加入して、会員間で情報交換や交流をしましょう。


支部へ所属しよう!


 
全国に広がる支部を8つの地域ブロックに分け、関係機関と連携し、地域に密着した 活動を展開しています。また、支部間の交流も活発に行っています。
 

有志活動団体もおすすめ!

会員有志が親睦・研究活動などを自主的に行う集まりとして「有志活動団体」があり、活発な活動を行っています。

サニーエンジェルズ

「空を見上げるお母さんを増やそう!」
それがサニーエンジェルスの合言葉。

女性気象予報士が中心となって結成した気象予報士のグループです。

「お天気」は、とっても身近なサイエンス。わたしたちの楽しいプログラムを体験して、
未来をになう子どもたちのそばにいるお母さんたちに、自然の不思議さ、すばらしさを思い出してもらいたい!
毎日の生活に、そして 、お子さんはじめ大切な人たちの命をまもることに役立ててほしい!
そういう想いで活動しています。

頼れる応援団である男性気象予報士メンバーのアシストも受けながら、全国各地でお天気教室などを開催しています。
サニーエンジェルスには老若男女、既婚未婚、様々な職業のメンバーが所属。
共通することはただひとつ。
気象予報士であること!
だからこそバラエティーに富んだプログラムを提供できるのです。
 


気象予報士学生会

2021年4月、学生会は設立10周年を迎えました!

気象予報士学生会は、天気・気象に興味のある全国の学生が、「天気×学生」というキーワードを軸に集まっており、 日々様々な活動をしている団体です。
団体の名前から「全員気象予報士なの?」と思われがちですがそうではなく、気象予報士である会員は半分ほどです。

気象予報士学生会の特徴として、まずは規模の大きさが挙げられます。
首都圏以外にも、全国各地に4つの地方支部を有し、現役会員数は約100名に上ります。 OBOGを含めると約300名になります。 気象に関する学生団体では、全国随一の規模を誇ります。
毎回のイベントに多くの方が参加されるのはもちろん、OBOGを招いたお仕事紹介を数多く開催できるのも、学生会ならではといえます。

また、気象に関する学生団体としては唯一、(一社)日本気象予報士会の有志活動団体でもあります。 学生会内外で活躍中の数多くの気象予報士と懇親を深めることができ、多くのことを学べまる団体です。
 


パソコン活用研究会

最強の局地気象解析ツール「晴れてほしーの」「Wvis2」

局地天気図を描いて局地現象を解明しようと言う一会員の思いからできたツール。

晴れてほしーのは大きく分けて、アメダスデータを使った局地解析、GPVを使った予想図、雲断面図を作成するツール。

「Medaca」はアメダスデータを気象庁ウェブサイトよりアメダスデータを自動収集し、アメダスグラフを描くツール。

「Wvis2」はMSMを立体視するツール。

 


この他にも様々なジャンルの有志活動団体が活動しています。

技術研鑽

・長期予報利活用研究会
・天気図検討会
・波浪研究会
・古季(記)録研究会
・気象業務研究委員会
・パソコン活用研究会
・天気図を囲む会

親睦

・日本大学予報士会(桜門予報士会)
・写真撮影同好会
・RUNNERS
・学生会
・気象予報士よんまる会

対外活動

・サニーエンジェルス
・気象実験クラブ
・気象教育研究会
・川内川あらしプロジェクト
・生物季節ネットワーク

・気象×防災稲門会


例会に参加しよう!

全国の支部・有志活動団体では定期的に例会を開催しています。 オンラインでの開催も行うようになり、地域の垣根を超えた参加も可能となりましたので、気軽に自宅で例会に参加できます!

求人情報はあるのかな?

日本気象予報士会事務局に求人掲載依頼があった時は、会員向けメーリングリストにて、求人案内を流しています。
北海道〜九州まで幅広く、全国各地の求人案内を都度掲載しています。

最後に

日本気象予報士会に関するギモンを簡単なQ&A形式で解説しましたが、ここでは書ききれない情報もまだまだあります。
気になることがありましたら、下記のお問い合わせや案内会へお気軽にご参加ください。

支部主催の案内会も行っていますので、併せてご参加ください。
※支部により会場での開催やオンラインでの開催、併用での開催と様々な形式で行っています。